前へ
次へ

知的財産権と企業との関係性とは

知的財産権といいますと、一般的に特許を思い浮かべると考えられます。
自分の会社のスキルをまもる権利ということで、特許というような考え方が大事なのは言うまでもありません。
しかしながら、知的財産権については特許だけに限定することはできません。
知的財産権といいますとピントこない人もいるかもしれません。
知的財産権といいますと特許の捉え方が強く、自身の会社はスキルや特許とは無縁であるので、知的財産は関係ないと考えているかもしれません。
しかしながら、知的資産を持ち合わせていない企業というのは居ないと考えられます。
知的資産に関しては、会社の業務をマネジメントしていく上での、テクニックという事や顧客名簿というようなものが含まれています。
以上のような重要な情報に関しては、営業秘密という形で保護対象となります。
以上のような重要な情報を持ち合わせていない企業というのは存在しないといえるでしょう。
ですから、どういった企業でも、知的財産権と関係しています。

Page Top