前へ
次へ

契約を締結することの役割と重要度

契約書については、その名前が示す通り、契約しようとする企業同士の約束事となるものになります。
法的効力が存在している契約書を取り交わして契約の締結を結べば、これに関しては公に約束をかわしたこととなります。
したがって、今後についてはその契約の取り交わし通りにあらゆる事を実践して行く義務を発生させます。
契約の締結をして、実践して行くことは契約の履行と呼ばれており、反故にすることは契約の不履行と呼ばれています。
契約の取り交わしが不履行となりますと、たとえ故意ではなくやむにやまれぬものだとしても、結果的に契約違反ということになりますので注意が必要になります。
それから、契約の中身によっては相手から損害賠償請求される可能性も考えられます。
契約を結ぶことは、それに見合った義務を負うことといわれています。
それに加えて、契約書にはそれのみならずいろいろな役割がありまして、契約を交わす会社にとって大事なものとなります。

Page Top