前へ
次へ

予防法務の特徴および現代においての必要性

予防法務というのは、トラブルなどを防止するための業務になります。
現実になにかしらの紛争が生じてしまうと、その紛争を解きほぐすために、企業はいろいろなリソースをそのケアに充てる必要があります。
しかしながら、予防法務というような考え方が根付いていれば、どういった問題が生じるかをあらかじめ先読みし、遠ざけることが可能になります。
それに加えて、予防法務でここにきて注視されているのが、コンプライアンスになります。
昨今では超一流と言われている一流法人でも、偽装や非合法な会計が露呈しています。
これについては、社会的な移り変わりが高速化してきたことによる企業の業務の高度化がもたらしたマイナスの副産物といえます。
会社の業務が難解にしてスピード化していることで、企業の自浄する能力が相対的に劣悪になりつつあるといわれています。
ですから、自浄力を一層高くするための予防法務の必要性がなおさら大きくなっているといえます。

Page Top