前へ
次へ

紛争処理法務の役目と業務の重要性

紛争処理法務については、臨床法務とも呼ばれており、トラブルに対応する業務になります。
言うなれば紛争の事後対処を行う業務といえます。
ひときわ典型的なものはクレームもしくは訴訟の処理になります。
消費者並びに取引先からのクレームであったり契約違反といった訴訟に法的な見地より関係することです。
従業員の不祥事に関しての対処についてもこうした業務に含まれています。
もちろんトラブルはない方が好ましいことになりますが、紛争を100パーセント遠ざけることはリアル社会において難しいことから、こういった業務は必須といえます。
どういった状況で何が発生するかわからないと位置付けておくことが大切です。
さらに、生じてから問題の克服までの時間的猶予がない業務といえます。
問題が元となって命の危険などに見舞われる事が想定される場合は、他のものよりも先に考えなければいけない業務といえます。
スピーディーに、正しく対応する必要があります。

Page Top