前へ
次へ

争わないためにも法律を味方にする

今、夫婦間の離婚問題から、子供のいじめ、お年寄りの相続問題までに関与する法律の手が求められています。
そのなかでも、「虐待」というキーワードからは目を伏せることができません。
支援を求めることができないのなら、法律で解決しましょう。
例えば、心理的虐待という問題も生じます。
これは、怒鳴る、悪口、わざと無視をすることが当てはまる内容です。
私たちも度が過ぎることになれば、被害者にも被疑者にもなり得る可能性がありますから、自分に置き換えて物事を言う、行動する必要がありそうです。
また経済的からも虐待と見なされることがあります。
例えば、年金や給料を渡さない、本人の財産を不当に処分するなどが上げられます。
これは年金という問題からも高齢世帯に多い法律のトラブルでもあり、そのためか遺言書を作成したり、終活相談を法律家に行う高齢者が増えているのではないでしょうか。
近親者の間で紛争が起こらないための対策でもあるようです。

Page Top