前へ
次へ

法律および近所の人とのトラブルとの関係性

暮らすとある程度近隣との関係性をもたらします。
そのうえで、生活習慣や家族の構図などによって騒音もしくは振動などが発生します。
その結果、自分自身がこのことに悩み苦しむことになっても、辛抱している方が非常に多いです。
当然、いくらかの我慢は円満に暮らすうえで大事なことですが、過度な場合にはコミュニケーションを取ることが不可欠となります。
そのうえで、円満に問題の克服をする手立てとして法があります。
騒音のみならずペットや悪臭などがあります。
目につくのが騒音で、時間によって制約を受けています。
一例として、騒音規制法によって夜は60デシベル以下にしないといけないなどと規定されています。
その結果、年中基準値をオーバーする音が出ているケースでは法によって改善をしてもらえます。
因みに、法によって定められているのですが、近隣居住者と軋轢を生むのは差し支えが出るので、相手方のことも考えて交渉で乗り越えるようにすることが大切となります。

Page Top